システムを簡単に知りたい

テレフォンクラブは大きく分けて2つのタイプに分かれます。

  • 店舗型
  • 無店舗型

店舗型は、繁華街などにあるテレクラのお店で1時間単位で楽しむ形式です。
店舗で受付を済ませたら、個室で女性からのコールを待ちます。
店舗の中はどうなってるの?』にあるように個室では、
用意されたDVDやマンガなどで時間をつぶせます。
以前のような暗いイメージはないので、マン喫で過ごす感覚でリラックスできます。

一方、無店舗型は店舗を持たず、
ケータイやパソコンから遊べるテレフォンクラブを指します。
利用登録を済ませたら、サイトや店舗、
DVD販売店などでポイントを購入してコール待ちます。
通話が開始したら、1分単位でポイントが消費され、どこからでも利用が可能です。
店舗型と比較して特別デメリットはありません。
そういったこともあり、現在はほとんど無店舗型に移行しています。

さらに考えられるメリットをあげると、

  • これまでであれば繁華街だけでしか遊べなかったのが、地方でも利用が可能
  • 専門回線(デブ専、SM専、テレフォンセックス専など)が豊富である
  • 好きな時に始めて好きな時に終わらせられる
  • 利用が分単位なので無駄が少ない
  • 店舗まで移動する時間やコストが不要である
  • 車など持っていれば、即アポにつなげられる&それによりアポ率が高まる
  • より近所の相手を見つけやすくなる
  • 初回無料ポイントがついてくる

ちょっと考えただけでも、
これだけメリットがあるので無店舗型で遊ばない理由はありません。
これだけ気軽にオンナの子とスグに話ができる状況なのです。
新しくなったテレフォンクラブで是非楽しんでください!!

新しくなった携帯テレフォンクラブで遊んでみる

タグ


店舗の中はどうなってるの?

最近のテレフォンクラブは、無店舗型が主流になったとはいえ、いまでも店舗は健在です。
ターミナル駅にいけば、テレクラの看板は見つかるハズです。
そこで、ちょっと気になるこの頃の店舗についてのレポートです。

ひと言で言えば、マンガ喫茶の個室みたいな作りです。
サイズ的にもほとんど同じで、
部屋ではパソコンやDVD、テレビが楽しめる液晶モニター、雑誌、ティッシュ(笑)が完備されていて、
待ち時間でも飽きないようになっています。
比較的清潔な店舗も多く、一昔前のちょっと暗いイメージとは一線を画しています。

店舗の変わりようを見るためだけでも、オールドファンには一見の価値アリといえます。
また、早取り制はなく取り次ぎになっているので、
入室中気を張っていないといけないということもありません。
コアな方には、その点は不満かもしれませんがww

そういったわけで、
マンガを読みながらタバコをふかしてオンナの子からのコールを待つという、
めちゃくちゃ快適な状況が用意されるのです。いまスグにでも行きたくなりますね。

女性からのコールがあったら、フロントからコールがあった旨連絡が入りトーク開始です。
この時、パソコンでグーグルマップなどを開いておくと、
待ち合わせ場所にも困りません。万事、うまく話が進みアポを取り付けたら、いざ出陣!
終了時間前であれば途中退室というカタチをとり、
万が一アポが不調であった場合でも戻ってくることも可能です。
繁華街で利用している場合では、有効なケースですね。

コールを沢山受けていると分りますが、
何度もつながってその度にキャラが変わっているサクラも現在では存在しません。
万一、そういったお相手がいた場合は、相当コアなテレクラ依存の女性なので、
時間が許すならばテレフォンセックスで辱めてあげましょうww。
ということで、イマドキの店舗型はなかなかイケています。
家族がいて電話がかけずらいお父さんなどは利用を一考してみてはいかがでしょう?

タグ


テレフォンセックスは文化だ

テレフォンクラブで独特な遊びとして、テレフォンセックス(テレフォンSEX)があります。
言葉の通り、電話でエッチな言葉を囁きあいお互いのひとりエッチに励む行為です。
当然、メールでは成り立たないプレイですし、音声のみという点でライブチャットを凌駕する淫靡さがあります。
女性でも出会い目的ではなく、テレフォンセックスのみを目的とするユーザーもいるくらいです。
もし、自分もテレホンセックス目的であれば、専用テレクラを利用するのも手です。

テレフォンセックス専用回線

専用回線を利用すれば、相手も同じ目的なのでお相手に困ることはありません。
当然、利用コストも通常回線と変わりません。
しかし、だからといってイキナリ淫語を連発してもいけません。
当たり前ですが、相手もそのつもりがあって電話をかけていても、電話の時点では『日常』です。
デートの時いきなりパンツを脱がないように、『非日常』へ脳を切り替えてあげる必要があります。
挨拶から始まり、相手をリラックスさせ、エロのスイッチを入れる。
無限の想像力を掻き立てるための雰囲気作りが必要です。
その雰囲気作りを楽しむのもテレフォンセックスの魅力です。
丁寧に順番を追うことで、ひと言の存在価値を最大限に引き出しましょう。相手がエッチモードに入ればこちらのモノ。後はたっぷり淫語で辱めてあげましょう。

電話による対話が無限のエロの世界へ誘う。

この奥深さが『テレフォンセックスは文化だ』と言われる所以です。
アナタも耳だけではなく、脳も刺激してくれるテレフォンセックスを試してみませんか?

テレフォンセックスを見る

タグ


テレフォンセックスあるある

今回はテレフォンセックスあるあるについて考えたいと思います。
他の記事で述べているように、
テレフォンセックスは文化といえるくらい奥が深いプレーです。
しかしテレフォンクラブは完全にオープン。
誰でも参加が可能なので、困ったちゃんが出現することもしばしばあります。
もちろん、その懐の広さもテレフォンクラブの魅力ではあるのですが、
今後の勉強のためにちょっと考えてみましょう。

こんなテレフォンセックスパートナーはイヤだ!

女性のテンションを確認しないで1人で盛り上がっている!
最初のテンションに関しては、テレフォンセックスに限らず会話の基本ですね。
とはいえ、普段出来ている人でもテレクラでテンションがあがってしまい、
やってしまいがちです。気をつけたいものです。

あえぎ声が異常にデカい
喘ぎ声が大きいのはある意味嬉しいものですが、
電話で聞いていられないレベルになるとチョット・・・。という感じですね。

前戯なしに赤ちゃんプレーを始める
前戯ナシの赤ちゃんプレーはついていけなくなりますね(笑) 
どんなプレーにするのか相手のノリも確認しながらプレーは開始しましょう。
Sの設定なのにスグに謝ってしまう
設定がブレるとプレーが覚めてしまいます。
真性でなければ、成りきりましょう。
声が震えている
声が震えているとプレーに入り込めません。リラックスしましょう。

業界用語を使いたがる
ウザいのひと言ですww 寒いのでやめましょう。
自分を必要以上に卑下してちょっと持上げてもらおうとしている
セックスは相手へのサービス精神です。
甘えるならば相手に気を使わせるようやり方はNGです。

テレフォンセックス音声をお楽しみください

以上のことを踏まえて、
テレフォンセックスはお互いで盛り上げていきましょう!!

今スグ クリック
燃えてきたので、無料で遊んでみる

タグ


無料で遊べるのだ

このサイトの最も重要なテーマである
「テレフォンクラブを無料で遊ぶ」についての説明です。
こういうテーマの場合、「オイシイ話には裏が・・・」と思う方もおられるかと思います。
しかし、神に誓って裏はありません。
もちろん、無料で遊ぶために特別な裏技を使うわけではありません。

完全に合法的にテレフォンクラブを無料で遊べるのです。
しかも、まったく難しいことはないのです。

前置きが長すぎても仕方がないので、
本題のテレフォンクラブで無料で遊ぶ方法を紹介します。
方法は簡単。 「テレフォンクラブに登録」すれば良いのです。

・・・。

スイマセン・・・。
簡単すぎますよね?

でも、これだけなんです。
もうちょっと詳しく説明すると、
初回登録時にもらえる無料ポイントで遊ぶってことなんです。
これは、テレクラが見込み客獲得のためのキャンペーンなので、
完全にお店側の持ち出しです。
それでも、利用することでそのうちの何割かの方が常連になってくれるという目論見で行っているので、
お互いにWIN-WINなのです。

出会い系で同じようなパターンで痛い目をみたけど。。」

そんな懸念をする方も安心してください。
それは悪徳出会い系にある自動的にマイナスにいく仕組みの話です。
テレフォンクラブでは無料ポイントの範囲であれば、
どれだけ話しても後から請求がくることはありません。

注意点

登録するだけで無料ポイントというのは、少し言葉足らずだったかもしれません。
実際は、登録の流れの中で「ラッキーコード
もしくは「ラッキーナンバー」と呼ばれるものを打ち込む必要があります。
これにより、運営者が決めた無料ポイントをゲットできるのです。
さらにサイトによっては、
クレジットカードの登録で5000円程度無料ポイントがつくところもあります。
これはクレジットカード登録までするユーザーは常連になる確率がより高いため、
テレフォンクラブが大奮発しているのです。

「それで会えるの?」

もちろん、それはアナタの腕次第ですが、
日本にテレフォンクラブはいくつもあります。
複数のテレフォンクラブでカード登録の会員になれば、
数時間遊べる計算になります。
不況の日本でもこんなにオイシイ制度があるならば使ってみませんか?

今スグ クリック
さっそく無料ポイントで遊んでみる

タグ


援助交際が分岐点

サイトTOPでも軽く触れていますが、
テレフォンクラブは1980年代半ばに登場したコミュニケーションツールです。
1990年代には、隆盛を極め多くの店舗が全国各地の繁華街に出店されました。
当時は、店舗型のみで男性は1畳ほどのパーティションで区切られた個室で女性からのコールを待ちました。
そこで他の利用者と早取り競争をして、
いちばん最初に受話器をとった人が女性のコールを受けることができる仕組みでした。
この早取りは、受話器半押しなど、
さまざまなテクニックが生まれゲーム感覚で楽しんだ記憶を懐かしむ方も多いかと思います。
後に東京都など一部の自治体では条例により「早取り」形式は禁止されます。

テレフォンクラブが流行すると、
女性はフリーダイヤルのため女子高生の間でいたずらが多くなりました。
そのうち抵抗感が薄れ、中には相手と話しをする子が出てきて、
そこから援助交際に発展するケースもあり、テレクラを介した援助交際が社会問題化しました。

その後、1995年に岐阜県で青少年のテレフォンクラブを規制する青少年保護育成条例が改正されて以降、
全国各地でテレホンクラブ規制条例が制定されました。
追い討ちをかけるように、身分証明書の提示を義務付けたり、
深夜の営業を禁止、出会い系の登場などから一時衰退しました。

しかし、現在でもテレクラは存在して、
悪徳出会い系に辟易したユーザーが戻りつつある状況になっています。
さんざんやりとりをしたうえで電話番号を手に入れる出会い系にくらべ、最初から電話で話せて、
相手の雰囲気やフィーリングがつかめるテレフォンクラブが復興するのは当然の流れともいえます。
さらに、携帯電話の普及により、
いままで以上に女性が手軽にコールできる環境もテレクラ人気に拍車をかけているようです。
一昔前のテレクラの密室のイメージは排され、
新世代のオンナの子が利用するコミュニケーションツールとして試してみるのはアリですね。

詳しいテレクラ情報をみる

タグ


このページの先頭へ