テレフォンセックスあるある

今回はテレフォンセックスあるあるについて考えたいと思います。
他の記事で述べているように、
テレフォンセックスは文化といえるくらい奥が深いプレーです。
しかしテレフォンクラブは完全にオープン。
誰でも参加が可能なので、困ったちゃんが出現することもしばしばあります。
もちろん、その懐の広さもテレフォンクラブの魅力ではあるのですが、
今後の勉強のためにちょっと考えてみましょう。

こんなテレフォンセックスパートナーはイヤだ!

女性のテンションを確認しないで1人で盛り上がっている!
最初のテンションに関しては、テレフォンセックスに限らず会話の基本ですね。
とはいえ、普段出来ている人でもテレクラでテンションがあがってしまい、
やってしまいがちです。気をつけたいものです。

あえぎ声が異常にデカい
喘ぎ声が大きいのはある意味嬉しいものですが、
電話で聞いていられないレベルになるとチョット・・・。という感じですね。

前戯なしに赤ちゃんプレーを始める
前戯ナシの赤ちゃんプレーはついていけなくなりますね(笑) 
どんなプレーにするのか相手のノリも確認しながらプレーは開始しましょう。
Sの設定なのにスグに謝ってしまう
設定がブレるとプレーが覚めてしまいます。
真性でなければ、成りきりましょう。
声が震えている
声が震えているとプレーに入り込めません。リラックスしましょう。

業界用語を使いたがる
ウザいのひと言ですww 寒いのでやめましょう。
自分を必要以上に卑下してちょっと持上げてもらおうとしている
セックスは相手へのサービス精神です。
甘えるならば相手に気を使わせるようやり方はNGです。

テレフォンセックス音声をお楽しみください

以上のことを踏まえて、
テレフォンセックスはお互いで盛り上げていきましょう!!

今スグ クリック
燃えてきたので、無料で遊んでみる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ