これだけはおさえておきたいテレフォンクラブ作法

一般的に、人は初対面で一瞬のうちに「明るい人」「暗い人」と感じます。
時間にして、わずか6秒で人の第一印象は決まるとも言われています。
そういった前提を踏まえると、
テレフォンクラブでの第一声がどれだけ大事か考えさせられます。
無理に声を作る必要はないと思いますが、
話し方や話すスピードは自分でコントロールできるので、
その辺はおさえておきましょう。

ビギナーがよくやりがちなミスで会話のきっかけをつかみたいがために、
質問攻めにしてしまうケースがあります。
これをやられると、相手としては辟易してしまいます。
相手に気持ちよく会話してもらうためにも、
部分的に自分の情報を織り込みつつ質問を心がけましょう。
例えば、住んでいるところを聞きたい場合、
「どこ住んでるの?」ではなく、
「自分はどんな街に住んでいて、こんなお店があるんだけど~」のような前置きがあると、
相手も興味を持ちやすいですし、話は膨らみを持ちます。

また、慣れていないと、
ついついお話が上手なお相手だと長話になりがちですが、
自分の目的が会うことであれば、
同じ目的をもっているか、早めに確認しておきましょう。
おしゃべり目的でかけてきている女性も中にはいます。
せっかく話しても、目的が異なっていれば長く話す意味はなくなってしまいます。

最後に、過度に怖れないことを言っておきたいと思います。
自分が不安なように相手も不安です。
そんな状況で、男性がやたらと情報を隠そうとすれば、会話は弾みません。
何も警戒しないのでは困りますが、
過度に不審がるのは相手対して失礼にあたるので、注意しましょう。

今スグ クリック
さっそく実践してみる

タグ


カテゴリー:初心者向けの会話術

このページの先頭へ