自慢話は嫌われる

どんな職場や学校でも悪い奴じゃないけど、面倒くさいのっていませんか?
「イイ人なんだけど・・・」
という場合は、だいたい面倒くさいってことが多いですね。
職場や学校ならば、それでもその人の人間性で関係は維持できたりするもですが、
テレフォンクラブに関しては、そういうわけにもいかないものです。
テレフォンクラブは基本的に一期一会
この人苦手かも?レベルで電話を切られてしまうことだってあります。

テレクラで一番面倒がられるのは、自慢話です。
初対面の相手に自慢されても、本当かウソかの判別さえつかず、
聞く方としては、苦痛以外の何物でもありません。

特に男性でありがちなのが、スポーツ自慢
野球で県大会決勝まで進んだとか、サッカーのどこどこユースに所属していたとか・・・etc。
ハッキリ言って、その価値は女性に伝わりません。
自分が逆の立場に立って、女性に吹奏楽で全国大会出ていたと言われても、
「へぇ~」としか返しようがありませんよね。
おまけに何となく自慢している感じが鼻についてしまいます。

テレフォンクラブでは初対面であるが故に自慢話は顕著に疎まれます。
出会いたいとか、エッチしたいという目的があるならば、
相手が気持ちよく会話できるように自慢話は控えないといけません。

もちろん、相手を見下すのもダメです。
テレフォンクラブに電話してくる子は、
きっと普段相手にされていないからだろうなんて先入観は勘違いです。
世の中には色々な状況の方がいて、不運にも出会う機会に恵まれない方もたくさんいます。
そういった方とマッチングのチャンスを提供するのもテレクラの機能のひとつです。
誠意をもって対応するように心がけましょう。

自慢話禁止を課してテレクラに電話してみる

タグ


言葉じゃない態度で示そう

時の総理大臣の名前が言えないくらい一般常識に欠けるのに、
やたらとテレフォンクラブで上玉ゲットをする悪友。
正直、最初は運だけかと思っていたのに、
通算成績でも完敗しました。悔しいので、彼のやり方を盗んでやろうと、
5000円分のポイントを買ってあげて、目の前で会話を観察して分ったことがあります。

テレフォンクラブは言葉じゃない、態度だ、と。

彼は、はっきり言ってほとんど自分からネタを提供していません。
そもそも話すネタがありません。
でも、ものすごく盛り上がっていることは伝わってきます。
そして、30分くらいでアポを決めてしまうのです。

実際、彼に何を話してたの?と質問しても、
彼 「わかんね
自分「・・・」

それでもアポは決められるのです。
つまり、何を話したかは重要ではないということなのです。
大事なことは『いかに相手を気持ちよくさせるか』なのです。

もっと分りやすく言うと、相手の話を上手に聞くかということです。
そして彼が突出しているのは相槌のうち方が絶妙なのです。

元々、話し相手の言うことはあまり理解できないので、
それを悟られないため、彼の相槌の技術はあがったそうです。

彼ほどの相槌上手になるのは至難の業ですが、
相手に気持ちよく話をさせるように意識付けするだけでもアポ率はあがります。

実際に自分も相手の話をよく聞くことを心がけただけで、
確実にアポ率があがりました

態度を変えることは、初心者でも可能です。
これからテレホンクラブを始める方は是非実践してみてください。

今スグ クリック
さっそく無料ポイントで試してみる

タグ


カテゴリー:初心者向けの会話術

このページの先頭へ