言葉じゃない態度で示そう

時の総理大臣の名前が言えないくらい一般常識に欠けるのに、
やたらとテレフォンクラブで上玉ゲットをする悪友。
正直、最初は運だけかと思っていたのに、
通算成績でも完敗しました。悔しいので、彼のやり方を盗んでやろうと、
5000円分のポイントを買ってあげて、目の前で会話を観察して分ったことがあります。

テレフォンクラブは言葉じゃない、態度だ、と。

彼は、はっきり言ってほとんど自分からネタを提供していません。
そもそも話すネタがありません。
でも、ものすごく盛り上がっていることは伝わってきます。
そして、30分くらいでアポを決めてしまうのです。

実際、彼に何を話してたの?と質問しても、
彼 「わかんね
自分「・・・」

それでもアポは決められるのです。
つまり、何を話したかは重要ではないということなのです。
大事なことは『いかに相手を気持ちよくさせるか』なのです。

もっと分りやすく言うと、相手の話を上手に聞くかということです。
そして彼が突出しているのは相槌のうち方が絶妙なのです。

元々、話し相手の言うことはあまり理解できないので、
それを悟られないため、彼の相槌の技術はあがったそうです。

彼ほどの相槌上手になるのは至難の業ですが、
相手に気持ちよく話をさせるように意識付けするだけでもアポ率はあがります。

実際に自分も相手の話をよく聞くことを心がけただけで、
確実にアポ率があがりました

態度を変えることは、初心者でも可能です。
これからテレホンクラブを始める方は是非実践してみてください。

今スグ クリック
さっそく無料ポイントで試してみる

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


カテゴリー:初心者向けの会話術

このページの先頭へ