店舗の中はどうなってるの?

最近のテレフォンクラブは、無店舗型が主流になったとはいえ、いまでも店舗は健在です。
ターミナル駅にいけば、テレクラの看板は見つかるハズです。
そこで、ちょっと気になるこの頃の店舗についてのレポートです。

ひと言で言えば、マンガ喫茶の個室みたいな作りです。
サイズ的にもほとんど同じで、
部屋ではパソコンやDVD、テレビが楽しめる液晶モニター、雑誌、ティッシュ(笑)が完備されていて、
待ち時間でも飽きないようになっています。
比較的清潔な店舗も多く、一昔前のちょっと暗いイメージとは一線を画しています。

店舗の変わりようを見るためだけでも、オールドファンには一見の価値アリといえます。
また、早取り制はなく取り次ぎになっているので、
入室中気を張っていないといけないということもありません。
コアな方には、その点は不満かもしれませんがww

そういったわけで、
マンガを読みながらタバコをふかしてオンナの子からのコールを待つという、
めちゃくちゃ快適な状況が用意されるのです。いまスグにでも行きたくなりますね。

女性からのコールがあったら、フロントからコールがあった旨連絡が入りトーク開始です。
この時、パソコンでグーグルマップなどを開いておくと、
待ち合わせ場所にも困りません。万事、うまく話が進みアポを取り付けたら、いざ出陣!
終了時間前であれば途中退室というカタチをとり、
万が一アポが不調であった場合でも戻ってくることも可能です。
繁華街で利用している場合では、有効なケースですね。

コールを沢山受けていると分りますが、
何度もつながってその度にキャラが変わっているサクラも現在では存在しません。
万一、そういったお相手がいた場合は、相当コアなテレクラ依存の女性なので、
時間が許すならばテレフォンセックスで辱めてあげましょうww。
ということで、イマドキの店舗型はなかなかイケています。
家族がいて電話がかけずらいお父さんなどは利用を一考してみてはいかがでしょう?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ